2016-08

現在、ホームページとメールが使えません…(+_+)

緊急連絡… 当局の使用しているサーバーが使えなくなりました…(+_+)  
現在、ホームページとメールが使えない状況となっています。

できる限り迅速に、代替えのサーバーの準備とメールアドレスの変更をいたします。
準備が整うまで、いましばらくのご猶予を賜りたくお願いいたします…(+_+)
取り急ぎの連絡は「電話・メッセンジャー・ライン」にてお願いいたします。
スポンサーサイト

【九条の大屋根の家】メンテナンスへ。。。

例年より早めの梅雨明け。気分的にも湿度が低く感じられます。ですが…
やはり暑いものは暑い!(◎_◎;) 今日も外での作業が2件。体中の水分が抜けたような…
そう、私はプランニングとデザインが専門ですが、肉体労働もたまにはやるのです…(^^;)


本日は、4年半前に竣工したお家へ。特殊部材の交換、ビードの調整、建具のチェック。
そして、庭の枕木の交換。実はこの庭には薬剤処理をしていない枕木だけを使っています。
家庭菜園もされますし、薬剤で虫を抑え込むのは抵抗があるということでしたので。。。
なので、当然に「当たり外れ」がでます。運が悪けりゃ5年も持たないのです…(^^;)

表面はかなり朽ちていましたが、裏面はどうにか使えそう?シロアリさんは住んでますが。
ひっくり返せば、あと2~3年は大丈夫かも。ということで~ クルリンッ! で作業完了!
資材は何も使っていませんので~ アフターサービスということで。。。(^^)b

珍しい、私の作業姿。クライアント様の奥様のFBから画像を拝借してきました…(^^;)
そう、たまには「おぉ、堤も作業するんだなぁ?」なんてところもお見せしておかなくては。。。


CRAFTの創る庭の特徴は「安易に変形できる」ということ。それも、専門職でなくご自身で。
石積みや枕木は、基本的にはセメントは使わずに固定していきます。なので手で外れる。
数年後に「ここに道が欲しい」「階段よりスロープかな」「花壇をもう一段高く」というのも安易。
枕木を抜いて煉瓦敷きに。石積みの高さを変える。こんなのも楽しみの一つですね。。。(^^)



s-1468919963288.jpg
素敵な庭でしょう!すべて奥様がコツコツと作り上げておられます。。。

s-1468919953051.jpg
「高低差」というのもCRAFTの庭創りのテーマです。平坦だと変化にかけますので。

s-1468919940872.jpg
吹抜けはこんな感じ。これが「大屋根」という名の所以なのです。。。

s-13726658_1016190225144982_6628996850281622302_n.jpg
まずは枕木をゴリゴリと… 180mmの正方形。ちょっと手こずりました…(^^;)

s-13718784_1016190248478313_4360690031439337005_n.jpg
ヨイショッと!で、地慣らしをしてからひっくり返してポンッ!

s-13707591_1016190255144979_5219767092074284250_n.jpg
真砂土で目地を埋めます。次は煉瓦?砂利?そんなことを考えるのも楽しみ。。。

s-13692662_1016191795144825_7461034014793053533_n.jpg
吹抜けのFIXは床面から5m近く。表しの梁は、こんな時に足場となりますよ!(^^)b

s-1468919985758.jpg
おまけ。肉体労働時はガッツリ食べます!本日は久しぶりに「豚の骨」でした。。。(^^)





【大和郡山市・Y様邸】上棟しました。。。

まさに「梅雨」という気圧配置… 今日は一日中雨ですね。外の仕事は大変だな…
ですが~ 私は涼しくて快適。事務所は倉庫の2階なので、とんでもなく暑いのです!(^^;)



そんな梅雨の合間ですが、一昨日は好天に恵まれ、無事に上棟することができました!

今回の現場は狭小地であり、前面道路はクモの巣のような電線。レッカーを回せない…
なので、裏のお家の方にご協力いただき、敷地の裏側からレッカーを振るという妙技に。
近隣の方のご理解をいただけての上棟でした。感謝いたします。。。


CRAFTの基礎の巾は、15年以上も昔から「150mm」としています。もちろんベタ基礎。
その頃は、ハウスメーカーでも「布基礎・120mm」なんてところもありました。
大量の家を建てるから、少しずつコンクリートをケチることも大きな差額になるのでしょう。

土台や大引きは自然乾燥の「吉野ヒノキ」です。これも創業以来のこだわりです。
もちろん赤身が表にしっかり出ている材を使います。白太では何の意味もありません。
人工乾燥材は狂いは少ないのですが、木材の油分が抜けてしまい粘りが無くなります。
加圧注入材も優れている点はありますが… どうしても見た目が好きになれない…(^^;)

通し柱、隅柱は吉野ヒノキの120角、管柱は吉野杉の105角です。当然に「芯持ち」です。
梁は基本的にはオールドグロスの米松、海漬けしていない自然乾燥材です。
非常に目が込んでいて、化粧材としては「ピーラー」と呼ばれる上質材。
構造材としてはもったいないほど。なのでCRAFTでは室内の造作にも使います。

CRAFTの構造上の特徴として、大引きは455mm間隔に、という物があります。
通常、住宅の床の耐荷重は「180kg/㎡」ですが、この工法では400kg以上です。
もっとも… 家の中を車で走るわけじゃないのですが…(^^;) 

2階の梁は910mm間隔ですが、大引きと同様に455mm間隔で「あいざさら」を入れます。
剛性はもちろん、歩行音の軽減、床鳴りの防止にもつながります。
いずれもコストや手間はかかりますが、これだけは譲れない部分なんです。


地震による被害。倒壊した住宅は「昭和56年」の法改正以前のたてものがほとんど。
「平成12年」の法改正以降の住宅の被害は非常に少なかったのは確かな事実です。

ですが、現行法を満たせばどんな家でも大丈夫、というわけではありません。

私が中越沖地震の災害復興に携わった際には、「新しい住宅」も被害を受けていました。
調査して解ったのは「手抜き工事」などの施工不良ではなく、プランの問題がほとんど。
壁量計算をクリアしていても、間取りや住宅の形状により著しく「弱い家」となります。

数字やデーターだけではない。家は紙の上やパソコンの画面では建たないのです。
経験から生まれる理論。構造を知り尽くした匠の技。それが「本当に強い家」を創ります。



s-160614_150101.jpg

s-160608_092837.jpg

s-160608_115812.jpg

s-1466042573313.jpg

s-160614_093508.jpg

s-s-160614_120151.jpg

s-160614_150438.jpg

s-160614_165317.jpg

s-s-160614_171717_20160616114437442.jpg

s-s-160614_172859.jpg

5月末頃の活動報告。。。

猛暑の春?と思いきや、良い感じで雨が降ったり。何とも気まぐれなお天気ですね。
明日からは夏日が続きそう。町の雰囲気も、春から夏へと少しずつ。。。(^^)



天理市渋谷町の改築工事。内壁が完成し、パインの無垢の天井も貼り上がりました!
サッシも納まり、今日は床の断熱工事です。来月初旬からは左官工事も同時進行。。。
そして外では下水の引き込み工事です。なので大工さんの車は出入りできません…(^^;)


大和郡山市筒井町の新築は基礎工事に着手しています。配筋工事と排水の逃げが完了。
明日には土間打ちできるでしょう。順調に進めば、上棟は5月14日の予定です。
画像でもご理解いただけるかと思いますが、かなりの狭小地であり… レッカーが据えられない。
なので、隣接地のお家に協力していただき、敷地の裏側からの棟上げです…(◎_◎;)


川西町結崎の改築工事は解体を終えて基礎工事です。非常に複雑な工事…
「56年改定」以前の住宅ですから耐震性は非常に問題があります。すぐ上は寝室なので尚更に。
なので、改築と同時に耐震性を高める工事も行います。これは私の得意分野なのです。。。(^^)b

実は「中越沖地震」での災害復興にしばらくの間、携わった経験があります。
現地での作業に加え、被害家屋の調査、ボランティアさんへの活動指示などが主な任務でしたが…
10件ほどの「復興住宅」の設計をしました。皆さん、今でも元気で過ごされてるかな。。。


さて、そんな状況でバタバタしており、新規でのご相談は随時に承りますが…
新築工事および大規模改築工事に関しては、若干のご猶予をいただくこととなります。
新規工事のご予約は、8月以降の着工とさせていただきますことを御了承ください…m( _ _;)m



s-160530_095350.jpg
断熱材を施工後、下地合板とフロアの間にアルミの遮熱シートを貼り込みます。

s-160530_095413.jpg
天井のパイン無垢材は底目仕上げ。通常は9mmですがCRAFTのオリジナルは12mmです!(^^)b

s-160530_095258.jpg
下水道の引き込みは道路を封鎖しての大工事!


s-160525_141749.jpg
増築を繰り返してきた古民家。なかなか大変な工事です…(◎_◎;)


s-160530_091156.jpg
狭小地での作業は何かと大変… ご近所様の協力なしでは困難なのです。感謝。。。

s-160530_091026.jpg
検査員さんが絶賛した配筋工事!見えないところだからこそ、万全の仕事が必要となります。





年初からの活動状況、です…(^^;)

まったく更新をしていない… 「あけまして」の次が「暑いですね」になるとは…(^^;)
この季節は「もう一つのお仕事」が忙しく、どうにも落ち着かない日々です。


取り急ぎ、今年に入ってからの活動状況をご報告いたします。
まずは、終了した案件と現在進行中の案件を。。。(^^)

葛城市での「アパートの1室→オフィス」へのリノベーション工事は4月に完成いたしました。
床はコンクリート打ち放しにブラックの塗装。内壁と天井は左官での仕上げ。
シャワールームとシステムキッチンを備えた、アーキテクトなデザインの空間となりました。

天理市渋谷町の改築工事は大工工事の真っ最中。月末には内装工事に取り掛かります。
土壁で和洋折衷、築年数45年の民家。断熱性も耐震性も、非常に不安な住宅です…(^^;)
これを、現代の生活に充分対応する、白と黒を基調にしたナチュラルハウスに甦らせます!
完成は6月末ごろの予定です。ご希望の方のみ、申込制にて内覧会を行います。

大和郡山市筒井町の新築工事。先日より解体工事に着手しています。
スウェーデンをイメージした外観、シックな木目調の内装。ご夫婦のためのコンパクトな家です。
立地条件などにより内覧会は行いません。ご希望の方はご連絡いただければ対応いたします。

川西町結崎の改築工事。浴室、トイレ、洗面のバリアフリー化を趣旨とした工事です。
1.25坪のユニットバス、0.75坪の脱衣室、1坪のトイレ、そして2.6m幅の洗面台!(^o^)
いずれも車椅子での使用を可能にした配置と構造となっています。。。
内覧会は行いません。ご希望の方には、図面や画像をお送りいたします。


続いて、打ち合わせ進行中の案件をご紹介します。

桜井市内に於いて「食堂→ゲストハウス」というご相談を賜っています。
規模の大きい建物ですが、内装はかなり綺麗な状態。大きく手がかかることは無いでしょう。
問題は「水回り」です。1階が道路よりも低い「吉野建ち」なので、排水ルートが非常に困難。
玄関のある2階部分に水回りを集中させ、下水の最終枡とのレベル差を確保します。
順調に進めば6月に着工の予定です。クライアント様によるセルフビルドは進行中です!

奈良市内に於いての改築工事。まだお若いのですが、将来に向けての快適化、です。
当初はキッチンの配置の変更とLDKの化粧直し、ウォークインクローゼットの施工でした。
お話を伺っているうちに、どうにも違和感… あまり快適にならないような気が…(◎_◎;)
そこで、LDKの一部を畳敷きにし、離れた和室を洋室に変更という提案を。
これにより、空調のロスも少なくなり、LDKでの暮らしが快適になるかと思います。。。(^^)b


文章のみの羅列となりましたが… 近いうちに画像なども順次アップしていく予定です!



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

代表者プロフィール

理想建築工舎CRAFT:代表理事
Pocket Marche E.C:事務局長
Flourish Gardening:事務局長
CRAFT DESIGNS:Planner
Rabbit Garden:Manager

Author:堤 義樹
【理想建築工舎CRAFT】は、プランニング&デザイニング、設計、をはじめ、建築に携わる全ての職種に於いてのプロフェッショナル集団で構成された非営利団体です。設備機器や輸入資材は原価を完全公開。もちろん材料の支給、セルフビルドもOKです。「木・石・鉄・ガラス」など世界各地のあらゆる自然素材を可能な限り取り入れ、太陽や風などを積極的に活用し、自然と共生する住宅を提案し、施工いたします。

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

家創りのアドバイス (28)
住宅業界の裏話 (14)
バウビオロギーについて (3)
勉強部屋(豆知識) (23)
Web内覧会(施工例) (5)
現場の風景 (30)
内覧会のお知らせ (19)
プランニング (2)
ガーデニング (11)
偉大なる建築物たち (12)
災害復興支援活動 (14)
近況報告 (20)
徒然な話 (60)
未分類 (2)

最新記事

カレンダー

07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア