FC2ブログ

2018-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「東日本大震災」へのボランティアと支援について



皆様ご存じの通りの惨事…


「個人的ブログ」には少し想いを書きましたが、全国民の皆様の気持ちは同じだと思います。社交辞令的な文章は割愛し、現況の報告を致します。




過去にも何度か記事に書きましたが、私は「災害」に対して、微妙に…複雑な過去と経験をしてきました。阪神大震災では、災害の悲惨さを目の当たりにするもなにも出来ず…ただ、災害に対して「人の命を守る」ことの出来る家創りを心に誓いました。中越地震では、当時に活動していたNPO理事らとの意見の食い違いにより…やはりなにも出来なかった。唯一は中越沖地震に於いて、柏崎・西山VC(ボランティアセンター)にての災害復興活動。仕事をしている身、たいしたことは出来なかったけれど、ほんの少しでも地域の方々の役にはたてたかな… と言っても、現実はボランティア活動を通して「私が得たもの」の方が大きかったのですが…



知人より「東北へ走っているのか?」と何本か電話やメールががありました。今回の災害に対しては…まだ個人が動ける状況ではないのです。メディアでも伝えられているとおり、現地ではVCが完全に機能していません。ですから、地方のボランティアの方々や救援物資の受け入れが出来ないのです。「役に立たない」どころか、とても迷惑となるわけです。

もしこのブログをご覧になられている中で、個人的に物資の支援やボランティアでの現地入りを考えている方がおられればすぐに中止してください。被災地へのボランティア活動は、単なる自己満足では成り立たないどころか、被災者へ更なるダメージを与えることになるのです。まして、災害地でのボランティア経験が無い方であれば、自衛隊をはじめ現地で活動をされている方々に追い返されることになりかねません。



今、我々ができることは、現地で活動されている方々や、被災者の方々への金銭的な支援程度です。CRAFTが協賛している【Pocket Marche】は今回の地震の寸前に開催されました。その運営備蓄費より、ほんの僅かですが義援金を日本赤十字社へ送金いたしました。震災後に各地で開催されているイベントでは、義援金の募金活動を行っておられます。和歌山で開催された
「chouchou!market」では、70万円を超える義援金が集まりました。ポケットの小銭でも、それらが集まれば災害復興への力になるのです。



CRAFTでは現時点では募金活動などは致しません。ですが今後の動向を見極めて、積極的な支援を行いたいと考えています。西山VCで活動を共にした、岩手県立大学の山本教授と、当時大学生だった皆さんが活動を開始されています。個人的な意見ではありますが、現地での即効性のある方々への支援が必須と考えています。そのためのツイッターを立ち上げ、今後は彼らの要望に応えるべく支援活動を行いたいと思っています。






スポンサーサイト

兵庫県佐用町の水害への支援について

諸事情によりブログへの掲載を控えていましたが… 

7月~8月にかけての豪雨による災害の復興はなかなか進んでいない状況です。国としても、「中国・九州北部豪雨 」に続いて「台風9号水害」に対しても激甚災害に指定の見込みですが、被災地に求められているのは「今をどうするか」なのです。幸いにメディアの報道が良い方向に働き、全国各地からボランティアの方々が一生懸命に活動されていますが、それでもまだ人手が足りない状況が続いているようです。と言っている私も現地に駆けつけることが出来ずにいますが…

それぞれの被災地では、ボランティアセンターを立ち上げて復興支援活動を行っています。【NPO 全国防災・災害支援ネットワーク会議】→(以下、全防災と略)としては、8月13日に「中国ブロック橋本理事」の指導の元にメンバーが現地入り、調査と調整を進めて参りました。本日は佐用町会議員の方からの要請により「羽鳥代表理事・北陸ブロック統括・朝賀理事、事務局山田氏」が深夜より柏崎を出発、昼頃には「関西ブロック統括・橋本理事」と落ち合い佐用町へと向かいます。なお、柏崎市の「引っ越しボランティア」に関しては、東北ブロック統括の山本理事が岩手県立大学のボランティアの学生さん達と共に活動をしています。

被災地の復興活動で大切なのは「人出」です。一人でも多くの方々が活動していただけることが災害からの復興の近道であることは確かな事実です。しかし、多くのボランティアさんを取りまとめることが出来なければ、せっかく来ていただいたのに「やることがない」という事態にもなりかねません。現場のニーズを的確に把握し、危険度や優先度を判断し、ボランティアの方の能力とをマッチングさせ、適切な指導をする必用があります。

【全防災】として「行うべき事」…中越沖地震の復興活動においても、羽鳥代表理事の指導によりボランティアセンターの中枢的な役割を果たして参りました。今回の活動に関しては、本日の打ち合せにより決定いたしますが、過去の経験を生かすことができるよう尽力いたします。私自身の活動は…現時点では未定ですが、「近畿ブロック統括理事」としての立場上、活動要請は必至となります。もちろん「仕事」は優先いたします。しかし、数日間の活動が繰り返されることが予想されますので、皆様のご理解を賜わりたくお願い申し上げます。



【全防災】オフィシャルHP

佐用町災害ボランティアセンター

ボランティアセンターブログ




兵庫県佐用町の水害への支援について -(3)

兵庫県佐用町の水害復興作業ですが、多くのボランティアの方々のご協力により、かなり進んでいるようです。ボランティアセンターも「佐用支部」を閉鎖、本部(南光地域福祉センター)にてのみボランティア受付となっています。西播磨地域内にての活動が中心となるようですが、引続き皆さまの御支援をお願いいたします。

【全防災】としての活動はまだ検討中ですが、今後の「町の復興」に向けての動きとなりそうです。


【全防災】オフィシャルHP

佐用町災害ボランティアセンター

ボランティアセンターブログ




兵庫県佐用町の水害への支援について -(2)


災害に関するボランティアは一刻を争います。出来るだけ敏速に作業を進めるには「人海戦術」が効果的なわけですが、多くのボランティアの方々を統率するには、相応の経験を持つリーダーが必用となります。しかし、現地のボランティアセンターに従事する方々の大半は災害に関して未経験。復興活動どころか、被災地を見たこともない方がほとんどなのです。そこへ、全国からのボランティアさんが大勢に駆けつけると…パニックになってしまうのです。

今回と同様、一昨年の「中越沖地震」の復興作業は夏休みと重なりました。学生さんをはじめ、盆の休暇に来て下さった社会人の方々も大勢。我々【全防災】は、西山地区のボランティアセンターの専従者の方々と連携し、すべての分野において活動を致しました。

今回も、災害復興支援を旨とする数団体が災害早期から現地で活躍されているようです。【全防災】のメンバーも地域リーダーとの打ち合せを重ね、今回の佐用町よりの正式依頼という運びになりました。

現在、街の中心部などは有志の方々の懸命な努力で復興が進んでいます。しかし、少し辺鄙な場所まではまだまだ手が届かないようです。空家などは完全に放置状態…損壊で危険な状況にある建物も少なくないと。今後の大きな課題の一つです。

もうすぐ夏休みも終わります。懸命に頑張ってくれた学生の方々も学校が始まります。社会人は…仕事で疲れた体で週末のボランティアはキビシイかもしれません。人出が少なくなるのは必至…





若くてパワーが有り余っているニート諸君!

定年前に退職したけど思ったよりすることがないオヤジさん!

リストラされたけど希望職が見つからないみなさん!




少しの時間でいいです。被災地の復興に力を貸してください。
出来ることを、出来る人が、出来るだけ。。。


全防災【柏崎プロジェクト】進行状況




まずはお知らせ。。。久しぶりの現場見学会です!
思い返せば…昨年は完全に「店舗屋さん」だったからね~(汗笑)
以下、CRAFTのホームページに記載されているご案内です。

****************************************************************************


【完成現場見学会のお知らせ】

現在、木津川市州見台において着工中の【仮称・木津の家】の現場見学会を開催いたします。非常にハイレベルな設計コンセプトから生み出された「ナチュラル&アーキテクト」な住宅です。外壁は素地のガルバリウム鋼板と左官仕上げを組み合わせたハイブリッドテクスチャー。内装は漆喰の壁にパインの床。建具も全てオリジナル。リビングには大きな薪ストーブが!全体をシルバーで統一した外観と、自然素材に包まれた内装の対比が絶妙です。。。

●2009年3月27日(金)~29日(日)の3日間 10:00~17:00
●木津川市州見台7丁目

当日は素敵なお部屋をお借りして、精鋭家具作家や書道家、流木やアイアンのアーチストの方々の作品も展示する予定です。また、会場入り口では花苗やJUNK雑貨の直売も行います。ロハスフェスタなどでも有名な【Rabbit Garden】の移動販売車【花ぽけ号】が登場いたします!「ホームページを見たよ」のお声を下されば花苗のプレゼントを致します。。。

なお、詳細は期日間近に広告いたします。(Yomiっこ・ならリビング・クレーる)



****************************************************************************



さて、本日の本題へ。。。

中越沖地震より携わってきた柏崎市の災害復興支援。私は【全防災】のメンバーとして、震災直後は現地で活動。その後、家屋倒壊などで仮設住宅で暮している方々の支援策として、ほぼ公的な助成金のみで建築可能な「災害復興支援住宅」のプロジェクトを担当して参りました。現在はすでに2軒が竣工、1軒が建築中です。新潟の新聞やテレビでも大きく取り上げられ、現在も数件のプランや見積もりが進んでいます。今日はその一部をご紹介しましょう。




MJ邸-外観パース.jpg
【MJ邸】ご夫婦お二人での快適な暮らしを満たす家です。近日着工!



NK邸-外観パース.jpg
【NK邸】こちらもお二人。絵本の読み語りをされている奥様のご意向を主にデザイン。



MT邸-外観パース.jpg
【MT邸】必用を満たした上で床面積を16坪以下に納めたコンパクト住宅。



HH邸-外観パース.jpg
【HH邸】5人の家族が快適に暮らすため「発想転換」から生まれたマジックプラン!




お気づきでしょうか?【全防災】の提案する住宅の共通点。屋根はシルバーのガルバリウム鋼板、外壁は淡いオレンジ色のサイディング。これらは、全防災代表の「羽鳥氏」の確固たるこだわりなのです。新潟といえど夏は暑い。その陽射しを出来る限り跳ね返し、積雪への対処も安易。メンテナンスも殆ど必要ない屋根を採用しています。
外壁のサイディングは、安価であり、かつ通気工法が容易であることや、周囲に違和感を与えないこと。薄暗く寒い雰囲気の冬でも、ホンノリと暖かい気分にさせてくれる外壁色を選んでいます。
また、画像ではご紹介していませんが、室内は出来る限り自然素材を取り入れたナチュラルな空間です。

さすがに【HH邸】は25坪を要しましたが、その他は15~17坪!最小限の空間で必用を満たすことの意義。建築コストを抑えることはもちろんですが、無駄な空間は家事動線も大きくなるし、空調などのランニングコストも増えます。そんなに広くない土地では庭を諦めなければならない場合もでてきます。コンパクト&ローコストな住宅は、ある意味で「LOHAS」の神髄とも言えるのではないでしょうか。。。

これらの家は、災害復興支援住宅として立ち上がってきました。しかし、そのコンセプトは一般の住宅から生まれた物であり、今後、建築を考えておられる皆様のプランニングにも充分に生かせるものなのです。無駄を省き、必用なものを最小限に積み重ねることで、金銭的にも空間的にも「余裕」が生じます。その余裕は貴方の「特別な想い」に充当できるのです。趣味の部屋、素敵な庭、いや、車や旅行などにでもね。。。(笑)

近いうちに【松波の森プロジェクト】をアップします。住宅地の中に取り残された?広々とした松林を、素敵なコーポラティブハウスへと!地域コミュニケーションの中核となり得る空間の提案を公開いたします。





NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

代表者プロフィール

理想建築工舎CRAFT:代表理事
Pocket Marche E.C:事務局長
Flourish Gardening:事務局長
CRAFT DESIGNS:Planner
Rabbit Garden:Manager

堤 義樹

Author:堤 義樹
【理想建築工舎CRAFT】は、プランニング&デザイニング、設計、をはじめ、建築に携わる全ての職種に於いての専門家で構成されたプロフェッショナル集団です。設備機器や輸入資材は原価を完全公開。もちろん材料の支給、セルフビルドもOKです。「木・石・鉄・ガラス」など世界各地のあらゆる自然素材を可能な限り取り入れ、太陽や風などを積極的に活用し、自然と共生する住宅を提案し、施工いたします。

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

家創りのアドバイス (30)
住宅業界の裏話 (14)
バウビオロギーについて (3)
勉強部屋(豆知識) (25)
Web内覧会(施工例) (5)
現場の風景 (30)
内覧会のお知らせ (19)
プランニング (2)
ガーデニング (12)
偉大なる建築物たち (12)
災害復興支援活動 (14)
近況報告 (21)
徒然な話 (61)
未分類 (3)

最新記事

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。