FC2ブログ

2018-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アスファルトを可愛い庭にDIY!

桜時雨… 今日は朝から冷たい雨が降っています。自宅から見える桜は大丈夫なようですが…
昨夜の風はひどかった!株立ちのオリーブが折れそうなほどにしなってました。屋根もバタバタ。
そう、私の家の屋根は鋼板葺きなので雨音が。でも、雨が降るとすぐわかるので便利。。。(^^)



先日、CRAFTのfacebookにアップした写真ですが、これに少し興味を持たれた方がおられました。
駐車場やコンクリートの土間ではガーデニングはできない。そんな悩みを持つ方も少なくない?
いえいえ、ちょっとした発想の転換で、安価に素敵な庭を造ることができます。。。(^^)b


この写真は、とある花屋さん(バレバレ、ですかね~(^^;)) のプランター置場です。
お店のメンテナンスなどで入れ替えた寄せ植えなどを置いておく場所ですが、どうしても雑然と…
ちょっと目立つ場所なので、何か良い方法は無いかと。そう、ストック場所もおしゃれにね~♪

s-KIMG0790.jpg



とりあえず、すべて撤去。そして土台となるコンクリートブロックを並べていきます。
今回は「車止め」が有ったのですが、ちょうど10cmなので一般的なブロックの厚みと同じでした。
この上にパネルを敷きますので、そのパネルのつなぎ目がちょうど乗る位置と、その真ん中に。
今回は型枠用のコンパネを使いました。あらかじめウレタン塗装されたもので水に強いのです。

s-KIMG0791.jpg

s-KIMG0792.jpg

s-KIMG0792-02.jpg



パネルは立てた状態で裏から固定しておき、ブロックの上に倒します。3枚程度ならこれでOK。
広い面積になると無理なので、これぐらいのものを必要数作っておきます。
この場合、上部からしか固定できないので、上からビスを打つための下地が必要となります。

パネル上には砂利を敷き詰めますので、周囲を板材で囲みます。立ち上がりは3cmほど。
板材の下部は少し隙間を作ります。水や風が通り抜けるように。濡れっ放しはすぐに腐ります。

s-KIMG0793.jpg

s-KIMG0793_02.jpg



で… フェンス製作中の画像を撮り忘れました…(+_+) ま、スノコを作るようなものです。
ホームセンターに売ってるラチスフェンスでもOK。コーナーと下端をビスで留めるだけ~(^^)
足場板や古材のフェンス、アンティークの鉄柵などもカッコイイでしょうね~(^^)b

砂利は細かいものをお勧めします。大粒だとパネルを隠すのに大量の砂利が必要になります。
この庭は1.5m×2.7mでしたが、7袋を使いました。できればもう少し多いほうがいいかな?
お気に入りのベンチやガーデンファニチャーを並べれば完成!フェンスにも飾り付けしたいね。

s-KIMG0794.jpg

s-KIMG0795.jpg



このように、ちょっとしたアイデアで無機質な土間でも生まれ変わらせることができます。
特に、賃貸のマンションやショップなどは、出る時には壊さなきゃならないので。これなら簡単!
今回のリノベーションの材料費は20000円程度、作業時間は5時間ほどでした。。。

このようなご相談もお受けします。DIYの方法や資材の購入方法など、無料でお教えします。
また「自分ではちょっと難しい…」という方もお気軽にお電話くださいませ。。。(^^)





スポンサーサイト

施主施工の達人!


今年からはブログの更新も気を入れて!なんて思っていましたが、何かと時間に追われる日々。
雨の日は事務所に引きこもり事務中心に。ですが、それでも次から次へと雑用が…(^^;)



CRAFTへ依頼される方には「建築自体に参加したい」という方が少なくありません。
「ネット購入の物を使ってほしい」「自分も施工に参加したい」などが代表的なお話しです。
自分の家を創るのに、自分自身が参加したい。非常に良い事だと思います。。。

実際、通常のハウスメーカーや工務店では、施主自身が工事に携わることを嫌います。
工程が長くなる、職人が気を遣う、管理がしにくいなど、理由は多岐にわたります。
また、施主からの部材や建材の支給は利益低下や破損の問題なども。
施主が参加すると、色々と手がかかり儲からない。これが結論的な理由です…(^^;)


私共は施主の参加を積極的に応援しています。自分の家ですから、見てるだけではつまらない。
もちろんアドバイスも致します。効率的な方法や、どんな部材を選ぶのかなども。
電化製品などでは型番が同じであれば少しでも安い方が良い。ネット通販が合理的だとか。

これらに関して、施主としてのメリットはありますが、逆にデメリットなども。
過去の記事に詳細を書いていますので、宜しければご覧ください。。。(^^)b

施主支給のメリット
施主支給のデメリット
セルフビルドとは?
セルフビルドでいくらぐらい安くなる?


今回ご紹介するのは2014年に完成した、大和郡山市の住宅地内のシンプル&ナチュラルな家。
ご夫婦は、セルフビルドではかなりの上級者なのです!普通では考えられないほど。
室内の漆喰を、すべて奥様お一人で仕上げられたのです!もちろん下地から上塗りまで!
それも真夏… CRAFTの左官職人さんでもフラフラになるような季節に…(+_+)

この住宅は建て替えでした。そして奥様は、以前の住宅でDIYによるリフォームを重ねてきました。
漆喰も、その時に経験済みですが、なにぶんにも面積が違います。そして天井までも塗らなきゃ…
もちろん、それなりの時間はかかりましたが、大幅な経費の節約と満足を得られたようです。。。

そして住宅と繋がったビルトインガレージ。柱や梁などの構造部はCRAFTにて施工しました。
こちらはご主人さんの担当!屋根、外壁、内部の造作もすべてご主人1人で完成させました!
ガレージに収まる「117クーペ」も、ご主人が自らレストア。いろんな分野で達人ですね…(◎_◎;)

ガーデニングなんて、ごく当然のように。JUNKガーデンに奥様のセンスが現れていますね。。。
枕木の埋め込み方もご指導したのだけど、後から「手伝えばよかったな…」なんて思いました…
私共が手を出す隙間を与えないほどの行動力。「やればできる!」の見本、ですね。。。(^^)b


s-001.jpg
「シンプル&ナチュラル」のお手本駅なディテールです。ガレージ土間は昔のままに残しました。


s-002.jpg
小さな庭ですが素敵な空間!ランダムな敷き煉瓦も面白いですね~(^^)b


s-003.jpg
完成寸前の室内。照明器具の取り付けなんてお手の物!掃除は家族全員で~♪


s-004.jpg
洗面所のタイルは意外と簡単に張れますよ~♪ 材料費だけでOK!


s-005_201702231032543e0.jpg
天井を塗るのはプロでも重労働… それを黙々と淡々と。敬服しました…


s-006.jpg
材料は我々が揃えました。トータルで考えてメリットのある方法を取りましょう!


s-007.jpg
JUNKな感じのビルトインガレージ。住宅とは角度をつけてあります。


s-008.jpg
物干し竿の受け金物はCRAFT専属のアイアン作家の手によるものです。。。


s-009.jpg
ラジオフライヤーには直接に土は入れず、棚板を使ってディスプレイしています。



建物も「頭と足」が大切なのです!

曇り空で蒸し暑い… 人間にとっては、最も不快指数の高いお天気ですね…(+_+)
もっとも、これも「四季」のある日本ならではの物。風情と受け取りましょうか。。。


台風の被害。各地で見られたようですが、私の住まう奈良盆地は災害が少ない地域。
四方を山に囲まれているので雨風の影響を受けにくい。津波の心配は無いですし。。。
ただ、風が吹かないので湿度は高め。冬場の冷え込みは厳しいという気候です。
それでも比較的に住みやすい。やはり「都」が栄えた土地なんだなぁ、と思います。



さて、その雨。建物として一番気になるのは「雨漏り」ですね…(+_+)

先日、8年前に雨漏りの点検を依頼された方から「ひどくなってきた」とのご連絡が。
その折には、費用の関係もあって簡単な補修で様子を見ることにしました。
強い風が吹いたときにだけ漏るという事で、谷板部のシーリング充填としました。

住宅も、築後30年近くになれば、やはり経年劣化は起こります。特に屋根と外壁。
風雨にさらされ、紫外線を受ければ素材は痛みます。ひび割れ、表面の剥離など。
ガラスぐらいですね、ほとんど影響を受けないのは。近いものは釉薬の焼き物かな。

今回の点検で、雨漏れの箇所は特定できました。大屋根に差す入母屋の棟の取り合い。
入母屋は和風住宅ならではのディテールですが、その屋根形状は複雑です。
特に取り合い部は高度な技術で施工されますが、それでも素材の劣化は不回避です。


私の質問は「あと何年住みますか?引っ越しの予定は?」というもの。
その計画により、どの程度の予算で施工すべきかを判断するためです。

今回の依頼者様は「ずっと住むつもりです」と。了解!では完璧を目指しましょう!
原因と思われる棟瓦3カ所を積み替え、銅版の谷板をステンレスに入れ替えます。
全ての面土の漆喰は塗り替え。必要のある部分は取り除いて入れ替えます。

実は、30年ほど昔の「いぶし瓦」を焼く時にに使われていた薬品。これがやっかい者。
雨で融けだして銅版に穴を開けます。今回はひどくは無かったけれど、変色はありました。
施工は来月となりますが、これで安心して末永くお住い出来るでしょう。。。(^^)


表題の「頭と足」。はい屋根と基礎ですね。屋根組材や土台、大引きも含めて。
壁からの雨水の進入は、そんなに多くはありません。小さなクラックなら大丈夫。
簡易的なシーリングでの補修でも、充分な効果はあります。見栄えは良くないけれど。

屋根はダイレクトにダメージを与えます。あと「破風」という部分。これも危険個所。
室内に漏れた跡が無くても、梁や胴差を伝って壁内に侵入することの方が多いのです。
この場合は、かなり年月が経って、どうしようもない状況になってから気づくわけで…
当然に費用はかさみます。なるべく早い時期に対応することが費用削減にもなります。



写真は当社の施行例です。もちろん雨漏りはしてりませんよ!(^^;)

赤丸の付いているような場所が危険な部分。屋根同士の取り合い、壁との取り合いなど。
なにぶん高い位置ですので、道路や窓から見ても判りにくい部分です。
一般の方が屋根に上るのは非常に危険!あ、今回の依頼者様は登って来られました…(・_・;)


CRAFTでは、外壁や屋根の簡易的な診断を無料で行っています。目視点検ですね。

訪問販売業者さんは「これはダメですねぇ~!ヤバイですよ~!」と、必ず言います!(^^;)
私共は以前より「耐震診断」「手抜き工事の相談」などを無償で行ってきました。
昨年に非営利団体となり、よりいっそうこの分野の充実を目指します!お気軽にどうぞ。。。
他にも、住宅関連のご相談、随時に承ります!(080-5364-2345:堤)

あ… 県外の場合、交通費だけお願いします…(^^;)


「足」については… そうですね、また別の機会に語りますね。。。(^^)


s-s-130222_134546.jpg
【勢野の町屋】 生駒郡三郷町 2012年



太陽や風と仲良しになること

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ



先週末のロハスフェスタは… 4月とは思えない夏日!カンカン照り…(汗)
ハットを被ってはいましたが、顔がパリパリになりました… 真っ黒け!


私はUSAのライセンスプレートやらZIPPO、アンティークキーや雑貨を取り扱っています。
鉄板やアルミの板、鉄の塊です。直射日光ではチンチンに熱くなり触れません…(笑)

そして【Rabbit Garden】は花苗や寄せ植えが中心。日差しがキツイと花は痛みます。
また、風に晒されると乾燥しすぎます。水切れは花には致命傷なんです…



太陽と風。太陽の昇らない日、風の全くない日はありません。
そして、太陽と風は生物にとって不可欠であり、最も大切なもの。
命の源です。そのパワーは強大で、時には大きな被害をもたらすこともあります。


ちょうど良い陽射しが差す部屋は、照明器具に頼らなくても過ごせます。
冬場に積極的に太陽光を取り入れれば、暖房費の節約にもつながります。
紫外線は布物などの色褪せや日焼けをおこしますが、殺菌効果があります。
そして太陽光発電。性能の向上と共に、今後は急速な普及が予測されます。

ちょうど良い風が吹く部屋は心地よく、「ゆらぎ」の安静効果があります。
まったく風が動かない空間もありますが… なんか、私は居心地が悪くて。
風は湿気や匂いも連れて行きます。逆もあり。連れてくることもあります。
室内の「対流」を利用することで、家中の温度や湿度を一定化させることも。


人間は「自然界の中」に生きています。住宅もビルも、それが都会でも田舎でも。
どんなに強固なシェルターの中でも、自然の恩恵が無ければ終わりを迎えます。

電気や石油、ガスなどのエネルギーは、現代生活にとって不可欠なことは確か。
でも、それに完全に頼ることは無駄であり、愚かなことだと思うのです。


太陽と上手に付き合う。風と仲良くなる。とても大切なことではないでしょうか。
夏の日差しは適度にさえぎり、冬は太陽のパワー熱エネルギーとして頂く。
風に湿度や温度の調整をしてもらい、自然界の「1/fゆらぎ」を身にまとう。
言葉にすることは難しい「本当の心地良さ」は、自然が教えてくれますよ。。。


【facebook】をされている方はこちらもどうぞ!
FBページ上部の「いいね」を押してください!
CRAFTのfacebookページ




s-050305_165103_0.jpg
居酒屋「びぃだま」(大和郡山市)2005年 



今日も最後までお読みいただきありがとうございます!
下記のジャンルのブログランキングに参加しています。
私の記事が参考になったという方の応援が励みです。
どちらかをクリックくださいますようお願いいたします。。。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ

自然素材とシンプルライフ

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ


春の天気は読みにくい… 先週末の主催イベントはどうにか晴れてくれましたが…
本日より富山へ向かいます。明日は晴れ、日曜日は雨かな…
まぁ、今回は「半屋内」なので、雨に濡れることなく出店できそうです。。。

【Garden Party】→ http://www.tym-town.com/blog/pompombee/?cate_id=2748



さて、しばらく間が開いてしまいました。何の話をしてたっけ?(汗笑)


自然素材。定義的には「化学製品ではない」という事になるかな?
素材そのものが天然の物であり、その加工品も含めた物の総称ですね。
木材はもとより、金属、石材、布、紙など。ガラスやセメントもその類になります。

石油製品ではないので静電気を起こしにくく、見た目にも優しい色合いのものが多い。
たとえ傷がついても、その風合いが増した、味が出て来た、なんて思えます。
ビニールクロスや塩ビシートの造作材では、ボロッチィなぁ、と観じちゃいますね。

当然ですが、古来より住宅は自然素材で作られてきました。石油製品なんて無かった。
その地に育ち、その地から採取したものを、その特性を活かして建てられていました。
風土、気候に合わせ、自然の力を効率よく利用し、自然と仲良く暮らしていました。

近代の家… 例えば、鉄筋コンクリートのマンション。ビニールクロスにビニールの床。
素材は何もしてくれない。ただ外界と徹底的な遮断を行うだけです。
湿度や気温のコントロールは機会に頼らざるを得ません。エアコンに加湿器、除湿器…
自然と喧嘩し、エネルギーを使って快適さを得る。お金で快適さを買うことになるのです。


自然素材は、その特性も素晴らしいのですが、飽きが来ない素材です。
人間が生まれた時から持っている感性と馴染むのでしょう。なんとなく気持ちがいい。。。
プロバンスでも日本でも、そのマテリアルが自然素材であれば飽きることはありません。
もっとも、不必要なほどディテールに凝れば、その良さも消えてしまいます。

余計な装飾を省いた、自然素材で包まれた空間は流行を追いません。
ライフスタイルが変化をしても、時代が変わっても、その心地良さは不変です。
素材が素晴らしければ、おそらく余計なものは目障りと感じるでしょう。
シンプルなライフスタイルにこそ、自然素材は最良のものと言えるのです。。。


【facebook】をされている方はこちらもどうぞ!
FBページ上部の「いいね」を押してください!
CRAFTのfacebookページ


s-100802_140432.jpg

湖水地方の家(西宮市)2010年 石畳の玄関とバーンウッドの扉




今日も最後までお読みいただきありがとうございます!
下記のジャンルのブログランキングに参加しています。
私の記事が参考になったという方の応援が励みです。
どちらかをクリックくださいますようお願いいたします。。。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

代表者プロフィール

理想建築工舎CRAFT:代表理事
Pocket Marche E.C:事務局長
Flourish Gardening:事務局長
CRAFT DESIGNS:Planner
Rabbit Garden:Manager

堤 義樹

Author:堤 義樹
【理想建築工舎CRAFT】は、プランニング&デザイニング、設計、をはじめ、建築に携わる全ての職種に於いての専門家で構成されたプロフェッショナル集団です。設備機器や輸入資材は原価を完全公開。もちろん材料の支給、セルフビルドもOKです。「木・石・鉄・ガラス」など世界各地のあらゆる自然素材を可能な限り取り入れ、太陽や風などを積極的に活用し、自然と共生する住宅を提案し、施工いたします。

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

家創りのアドバイス (30)
住宅業界の裏話 (14)
バウビオロギーについて (3)
勉強部屋(豆知識) (25)
Web内覧会(施工例) (5)
現場の風景 (30)
内覧会のお知らせ (19)
プランニング (2)
ガーデニング (12)
偉大なる建築物たち (12)
災害復興支援活動 (14)
近況報告 (21)
徒然な話 (61)
未分類 (3)

最新記事

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。