FC2ブログ

2011-02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近況報告。

あと10日です!! 【Pocket Marche -5th-】 → Check it out!!




ほんの少し…忙しくしております…(汗笑)



大和郡山市の「O邸」は足場も外れ、設備工事へと。来月の初旬には竣工の見込みです。
天理市の「受託施設」も外壁工事と内装工事が明日で終了。設備工事に取りかかります。

新規の御相談が2件。いずれも新築で、かなり「こだわり」の強い家になりそうです。極端に個性表現や自己主張をするのではなく、クライアント様の「想い」の実現。自分たちにとって「なにが必要なのか」を見極め、余計な物はなく…それでいて贅沢な家。う~ん、解りにくいかな…(笑)

藤井寺市の店舗は「プラン提案&設計」のみ。イベント仲間なのですが、どうにも…状況的に、CRAFTでの工事は難しい… で、オーナーの知人である工務店さんに意向を説明。半セルフビルドで頑張るそうです。。。



ガーデニング工事も予定が一杯になってきました…(汗)

「O邸」と「受託施設」の外構工事(CB積みとか)を仕上げたら、すぐに【湖水地方の家】のガーデニング工事に。これはなかなか…楽しい(=手がかかる)仕事になりそう…(笑) 桜井市の【Calm House】は諸事情にて延期中。なので【O邸】のガーデニング工事を先に。5月初旬には橿原市にての御相談をお受けしていますが…大丈夫だろうか…(汗)



で、本日の画像は。。。(笑)


110217_140352.JPG
初登場!「タイルの巨匠・福田さん」です。ホントに真面目な人。。。


110217_135718.JPG
毎度おなじみ~「左官屋・マコちゃん」の素敵な笑顔…(爆)




スポンサーサイト

「無駄」は楽しい。。。

ん…まずは宣伝から…(汗笑) 【Pocket Marche -5th-】 → Check it out!!


先日「シンプルライフの勧め」というような記事を書きました。→【必要と不必要】

家の中を見渡せば「余計な物」が溢れているわけで… 「有ると便利かな?」なんて気持ちでつい買ってしまい、結果として数回使っただけ、なんてね。捨てるのもモッタイナイし、誰かに「これ、いらない?」と声をかけるのも押しつけるようですしねぇ。本来ならばリサイクルショップに持っていくのがベストなんだろうけども、億劫だし、買い取り価格は購入時の10分の1以下ですからね… やはり「買わない」のが一番。。。(笑)




と。。。今日のタイトル。そう、「無駄は楽しい」のです!言ってることが矛盾してる?いえいえ。他人から見たら無駄なんだけど、本人が満足できる、素敵な「無駄」も有るって事です。



私の弟は「古~いアメ車」に乗っています。排気量5900cc、図体はデカイ、そのくせ走らない、邪魔になる、乗り心地はフワフワ、税金は高い、燃費は3km/Lほど…無駄だらけ…(汗笑) そんな車になぜ乗るのか。まぁ自己満足でしょう。あと、他人の視線が快感?ガキの頃から目立ちたがり屋だったからなぁ~(笑) あぁ、これは「兄弟揃って」ですが…(汗笑)

「外遊び仲間」の「ぷーパパ」さん。何十個もランタンを持っています。って、最近では電源完備の「某所・秘密基地」が多いので、使う機会がないのですが。コレクターアイテムではありますが、金に糸目を付けずに買うのではなく「掘り出し物」探しに夢中。たま~に灯してニヤニヤしているようです。。。(笑)

家具作家「SIGN」の湯浅君。乗りもしない(乗る時間と金がない?汗笑)バイクを手放さない。ピカピカの「は~れ~でぃびっと損・運動の★1200」はカバーの中で1年のうち360日を過ごしています。



木津市の「Future`s Santa Fe」のご夫婦。奥様専用のアロマテラピールームは15畳、ご主人のバイクルームも10畳ほど。ふんだんにチークの古材を使った吹き抜けのダイニングには大理石モザイク貼りのオープンキッチン。モンキーポッドのテーブルに暖炉。。。

大和郡山市「九条の町家」は室内の建具が全て「古建具」です。玄関の引戸は欅の「蔵戸」を。畳敷きのリビングには広大な吹き抜けに。長野の古民家から譲り受けた真っ黒な丸太梁が圧巻です。

精華町「アンランジュの魔女の家」は敷地の半分をJUNKな庭が占めています。高台の傾斜を利用した散歩道はグネグネと曲がり、裏庭は芝生貼りで娘さんの遊び場に。シンボルツリーの「カリンの木」を中心に、使わない(使えない?汗笑)サビサビのアイテムが並んでいます。

天理市「永原の町家」のオーナーさんもハーレー乗り。「世田谷ベース」への憬れから、20畳の鉄骨ガレージを併設。まだディスプレーの途中ですが、時間をかけて素敵な空間へと育っていくのでしょう。

西宮市「湖水地方の家」は、玄関から真っ直ぐに伸びた「石畳の裏通り」が。はい、室内に、です…(汗笑) 「白・黒・グレー」に統一された、ピーターラビットの世界。なお、ガーデニング&インテリアはまだ思案中。。。




無駄、かもしれません。そして、最高に贅沢だと思うのです。御自身が憧れていた空間を、御自身の手によって実現し、それらと共に暮らし、共に歳を取ること、幸せなことだと思うのです。「思いがこもった無駄」は、その人にとっては「最高の満足」となるのです。。。


さぁ、アナタも無駄を楽しんでみませんか?(笑)



101011_145710.JPG
アンランジュの魔女の家







アンティーク家具


暖かい日が続いていますが…週末は冷え込みそうですね…
暦では立春も過ぎ、庭木の新芽も膨らんできている様子。。。


先日にお話ししたアンティーク家具。CRAFTがお取引しているのは3社様。社名を公表するのもどうかと思いますのでこの場では伏せさせていただきますが、いずれのお店も素晴らしい品揃えとこだわりを持っておられます。僅か2ショットだけですが公開を。。。


110123_123335.JPG
1920年代~40年代のドローリーフとダイニングチェアーです。


110123_123359.JPG
ショーケースやゲートレッグテーブルも豊富!




ところで…アンティークって、何年ぐらい経てばそう呼べるの?多くの方が疑問に思っている部分ですよね。あぁ、もちろん「アンティーク大好き~」な方はご存じかと思いますが。。。

海外の骨董市場に於いては、かなり厳格に定めている場合もありますが、日本の場合は…かなり「緩い」です。ソコソコ古ければ「アンティークです!」と。まぁ、基本的には価値観を優先すればと思います。

■100年以上:アンティーク
■50年~100年:ブロカント・ヴィンテージ
■30年~50年:セカンドハンド・ユーズド

だいたいこんな感じ。まぁ、一概には言えませんが。あと「JUNK」「キュリオ」なども使うみたい。日本では…「骨董」「中古」「ガラクタ」「ポンコツ」など…(汗笑) 「ブロカント」という言い回しははフランスです。なんとなくお洒落な響きなので最近はよく使われていますね。「ヴィンテージ」はアメリカっぽい?いずれも、30年は経たないと、その価値は生まれない、ってとこですね。




アンティークの勧め、ってわけでも無いんですが… 多くの「物」は、作られた瞬間が一番高価なわけです。車は一日で中古車。多くの家も、登記した瞬間に価値は下がってしまいす。家具や電化製品、OA機器なんて、1年も経てば3分の1以下に。

では、30年経てば?車は…微妙。絶版車は人気があります。家は?評価額はほとんどゼロ。解体されちゃってたり…悲しいことに。家具、電化製品、OA機器は…ほとんどは、すでに廃棄されているでしょう。

しっかりした作りの家具は、年月を経るごとに価値を増します。いったん価値が下がりきってしまえば、そこからは上昇するだけ。「希少価値」ってやつですね。現時点で100年を経た家具は、30年後にはさらに希少な物となります。「いやらしい」言い方ですが…丁寧に扱えば、損はしないのです。





住宅は80年位を超えると「古民家」としての価値が生まれます。ただ、「住宅」と「家具」とは、同一の考え方は出来ない… 話しが長くなりますので、この件に関してはまた後日に。「すぐに聞きたい!」という方は…お電話下さい。。。(笑)



ベタな広告?(汗笑)


どうやら数日は暖かい日が続きそうですね。これを機会に倉庫の片付けをしようかと思っているのです。「作らなきゃならない物」も放置中だし…(汗)


大和郡山市の「O邸」は今週中に左官工事が終わりそう。引き続いて板金工事、タイル工事などに取りかかります。来週末には足場バラシとなりそうです。
天理市の「受託施設」は大工工事も終盤に。外壁工事、内装工事に取りかかる準備中です。3月半ばには移転作業ができそうです。あ、前担当者の「M」さま、ご出産おめでとうございます!!


110127_154631.JPG
「O邸」の2Fホール、吹き抜け部です。チョット複雑な空間設定です。


110128_100231.JPG
初登場?「電線の魔術師・安田さん」です。。。(笑)




先月末には、英国アンティーク家具のコーディネートをさせていただきました。小さなカフェなのですが、以前は「プロバンス風」の家具で統一。で、心機一転「オールドイングランド」へと変貌を! なのですが、本人様が公開していないので…ハチャメチャな加工画像にて。後日に全貌をアップいたします!


110125_105908-01.jpg
う~ん…ナニガナンダカワカラナイ…(汗)





CRAFTは「住宅、及び小規模店舗のプランニングとデザイニング、施工を一貫して行う」ことをメインのお仕事としています。ですから、「とりあえず、小綺麗にリフォームして!」というようなお仕事はお受けしておりません。決して「高飛車」に構えているわけではなく、そういう仕事が苦手なんです…

逆に「予算はこれだけ。でも、最高の空間にしたい!」「こんなイメージを持っているんだけど、もっと何かいいアイデアはないかな?」なんてのは大好きです。喜んで御相談をお受けいたします。。。

上記のように、家具のコーディネートの御相談も承ります。アンティーク家具や家具作家のオリジナルファニチャーなどは、一般の方には解りづらいことでしょう。私も専門分野ではありませんが、出来る限りのご協力を致します。

ガーデニングも、どうにか安定して施工をお受けすることが出来そうです。「コテージガーデン」が得意なんですが、モダン和風、純和風庭園などもOK!



なぁ~んか、ベタな広告みたいになりましたが…ほんの少し、考え方を変えたのです。頭を柔らかくしたというか、視野を広げたというか…(汗笑) 私の得意なことが、誰かの役に立つならば一所懸命にさせていただこうと。もちろん、CRAFT創設時からのポリシーは変りません。クライアント様が望む物を、最高レベル&適正な価格で実現すること。これだけは「頭、カッチカチ」です。。。(笑)







NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

代表者プロフィール

理想建築工舎CRAFT:代表理事
Pocket Marche E.C:事務局長
Flourish Gardening:事務局長
CRAFT DESIGNS:Planner
Rabbit Garden:Manager

堤 義樹

Author:堤 義樹
【理想建築工舎CRAFT】は、プランニング&デザイニング、設計、をはじめ、建築に携わる全ての職種に於いての専門家で構成されたプロフェッショナル集団です。設備機器や輸入資材は原価を完全公開。もちろん材料の支給、セルフビルドもOKです。「木・石・鉄・ガラス」など世界各地のあらゆる自然素材を可能な限り取り入れ、太陽や風などを積極的に活用し、自然と共生する住宅を提案し、施工いたします。

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

家創りのアドバイス (30)
住宅業界の裏話 (14)
バウビオロギーについて (3)
勉強部屋(豆知識) (25)
Web内覧会(施工例) (5)
現場の風景 (30)
内覧会のお知らせ (19)
プランニング (2)
ガーデニング (12)
偉大なる建築物たち (12)
災害復興支援活動 (14)
近況報告 (21)
徒然な話 (61)
未分類 (3)

最新記事

カレンダー

01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。