FC2ブログ

2011-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全く、ではないが問題なし。


震災の影響…もちろん建築業界にも。


構造用合板。今の住宅建築には必要不可欠とされるものです。国内での生産地は東北地方がメイン。今回の震災で壊滅的なダメージを受け、全く生産が出来ないのです。ホームセンターには…はい、1枚もありません。型枠用のベニヤぐらいで、室内に使うことの出来ないノンジャスのラワン合板すら皆無です。おそらく…必死になっている業者さん達は、平気で使うのでしょうね…

外壁用サイディングのトップメーカーの工場は壊滅状態。住宅設備機器、サッシ、断熱材、建具、塩ビ管、ポリカ板…ありとあらゆる資材が不足しています。もしくは全く入らない。一般的な現在の住宅の構造は…外壁や屋根の下地は構造用合板、外壁はサイディングです。その2つが無いわけですから… 需要があるのに建てることが出来ないのです。




CRAFTでは、5月に新築住宅、2軒の着工を予定しています。
ん?ちゃんと建つのかって?はい、建ちます!(笑)


13年前…CRAFTを設立した当時に「合板を全く使わない家」を企画しています。全国有数の良質な杉や桧を産出する吉野。地産地消にも貢献するし、健康被害もまず起きることはない。強度も充分に確保できる家のプランを練り上げました。と言っても、やはり「安い、早い、楽に施工」ってことで、合板も使ってきましたし、VOCに対する規制も厳しくなったのでね。無理に無垢材を使わなくてもいいかな、と。

その当時の企画が生きるわけです。まぁ、もともと合板なんて使って無かったんだよね、日本の家は。それが「ツーバイフォーは地震に強い!」「それは合板を使ってるから!」なんてふれこみで… 全面否定はしないけど、正しい情報とは言えない。まぁ、メディアの発信する情報を噛み砕きもしないで飲み込んじゃう国民性でしょうかねぇ。。。逆に言えば素直、なのか?(汗笑)

どうやって建てるのか?そんな野暮なことは聞かないでください。。。企業秘密、というわけでもないのだけれど…「とりあえず建てなきゃならねぇ~んだよ!」って焦っている工務店さんに、本当にクライアント様のためになる家が創れるとは思いません。そう、本気の方はご連絡下さい。出し惜しみはしませんので。。。


っと…プラン、急いで完成させなきゃ…(汗)




070511_165520.jpg
名張市・Pastry Cream House



スポンサーサイト

【やまちゃん@F.C.D】の仕事。。。


被災地に対して、この奈良にいて何が出来るのか。
まだ物資の支援やボランティアでの活動は無理。金銭的支援と…
経済の活性化。「東」で経済が停滞するなら「西」が回さなくては!

なので、このブログも「元のリズム」に戻します。
っって…あまり更新しないんだけどね、たぶん…(汗笑)
もちろん、震災に関する情報は今後も随時に掲載します。




大和郡山市で工事を進めてきた家。いよいよ完成です!ずっと「仮称」だったのですが…赤い屋根に白い壁。奈良盆地のど真ん中なのですが、この家の周りだけは青い海が見えます…(笑) プロバンス&スパニッシュのディテールに、バリ島のリゾートホテルを融合させたような家?なので…超ストレートに【蒼海の家】にしようかと。。。(汗笑)

【蒼海の家】の総合的な画像は後日に。家具や照明器具、ガーデニング工事が完成してからのほうがイイから。で、今日は「アイアンパーツ」の取付け作業を。もちろん「当社指定アイアン作家」の【F.C.D 山本氏】です。 


110315_162500.JPG
玄関の庇。アールはキュートに、吊り金具はワイルドに!


110315_162518.JPG
玄関のハンドルは彼のお気に入り?の「縦捻りS字」タイプ。。。


110315_162536.JPG
裏側は分厚いフラットバー。微妙な横方向のアールがコダワリなのです。


110315_152845.JPG
作業中の「やまちゃん」です。イベント業界では「Fさん」と呼ばれてます。


110315_151259.JPG
作業足場は「左官屋・まこちゃん」が組んでくれた。私は…邪魔をしてます…(汗笑)



この他にも、洗濯物干しやアイアンバーなどもあるのですが、全貌公開の時までお待ち下さい。。。



「東日本大震災」へのボランティアと支援について



皆様ご存じの通りの惨事…


「個人的ブログ」には少し想いを書きましたが、全国民の皆様の気持ちは同じだと思います。社交辞令的な文章は割愛し、現況の報告を致します。




過去にも何度か記事に書きましたが、私は「災害」に対して、微妙に…複雑な過去と経験をしてきました。阪神大震災では、災害の悲惨さを目の当たりにするもなにも出来ず…ただ、災害に対して「人の命を守る」ことの出来る家創りを心に誓いました。中越地震では、当時に活動していたNPO理事らとの意見の食い違いにより…やはりなにも出来なかった。唯一は中越沖地震に於いて、柏崎・西山VC(ボランティアセンター)にての災害復興活動。仕事をしている身、たいしたことは出来なかったけれど、ほんの少しでも地域の方々の役にはたてたかな… と言っても、現実はボランティア活動を通して「私が得たもの」の方が大きかったのですが…



知人より「東北へ走っているのか?」と何本か電話やメールががありました。今回の災害に対しては…まだ個人が動ける状況ではないのです。メディアでも伝えられているとおり、現地ではVCが完全に機能していません。ですから、地方のボランティアの方々や救援物資の受け入れが出来ないのです。「役に立たない」どころか、とても迷惑となるわけです。

もしこのブログをご覧になられている中で、個人的に物資の支援やボランティアでの現地入りを考えている方がおられればすぐに中止してください。被災地へのボランティア活動は、単なる自己満足では成り立たないどころか、被災者へ更なるダメージを与えることになるのです。まして、災害地でのボランティア経験が無い方であれば、自衛隊をはじめ現地で活動をされている方々に追い返されることになりかねません。



今、我々ができることは、現地で活動されている方々や、被災者の方々への金銭的な支援程度です。CRAFTが協賛している【Pocket Marche】は今回の地震の寸前に開催されました。その運営備蓄費より、ほんの僅かですが義援金を日本赤十字社へ送金いたしました。震災後に各地で開催されているイベントでは、義援金の募金活動を行っておられます。和歌山で開催された
「chouchou!market」では、70万円を超える義援金が集まりました。ポケットの小銭でも、それらが集まれば災害復興への力になるのです。



CRAFTでは現時点では募金活動などは致しません。ですが今後の動向を見極めて、積極的な支援を行いたいと考えています。西山VCで活動を共にした、岩手県立大学の山本教授と、当時大学生だった皆さんが活動を開始されています。個人的な意見ではありますが、現地での即効性のある方々への支援が必須と考えています。そのためのツイッターを立ち上げ、今後は彼らの要望に応えるべく支援活動を行いたいと思っています。






NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

代表者プロフィール

理想建築工舎CRAFT:代表理事
Pocket Marche E.C:事務局長
Flourish Gardening:事務局長
CRAFT DESIGNS:Planner
Rabbit Garden:Manager

堤 義樹

Author:堤 義樹
【理想建築工舎CRAFT】は、プランニング&デザイニング、設計、をはじめ、建築に携わる全ての職種に於いての専門家で構成されたプロフェッショナル集団です。設備機器や輸入資材は原価を完全公開。もちろん材料の支給、セルフビルドもOKです。「木・石・鉄・ガラス」など世界各地のあらゆる自然素材を可能な限り取り入れ、太陽や風などを積極的に活用し、自然と共生する住宅を提案し、施工いたします。

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

家創りのアドバイス (30)
住宅業界の裏話 (14)
バウビオロギーについて (3)
勉強部屋(豆知識) (25)
Web内覧会(施工例) (5)
現場の風景 (30)
内覧会のお知らせ (19)
プランニング (2)
ガーデニング (12)
偉大なる建築物たち (12)
災害復興支援活動 (14)
近況報告 (21)
徒然な話 (61)
未分類 (3)

最新記事

カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。