FC2ブログ

2014-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人工乾燥材は焼きすぎたパン


なんとも… 気付けば、ブログ更新を1ヶ月も放置しておりました…(汗)

サブワーク のラッシュも落ち着いたので、そろそろ真面目に更新を… する予定です…(笑)


さて、表題の件。以前にクライアント様から出たお話しなのですが…
「人工乾燥材って強くて狂わないんでしょ!もちろんそれを使うんですよね!」と。

ふ~ん… 多くの方はそう思ってるんだなぁ… たぶん、工務店さんとかも。
ハウスメーカーの営業さんとか、それを信じて「もちろんですよっ♪」とか言うんだろうなぁ…
はい、即座にお応えいたしました。「出来る限り使いませんけど~~~?」と。

CRAFTでKD材(人工乾燥材)を使うのは… 「間柱&まぐさ」にホワイトウッドを使ったりしますね。
あと、大断面集成材の素材として。基準法上、使わなければ仕方がない場合に。
って、同じ断面なら… 自然乾燥の米松の方がずっと強いと思うんですけどねぇ…


独立した当時。まだ「大手ビルダー」の感覚が抜けきっていなかった頃。。。(笑)
KDの米松とか、使ってました。自然乾燥材どころか、グリーン材より安かったので。
上棟の現場。ちょっと母屋を造作しなきゃならなくて、丸鋸を入れたんですけど…
匂いがしない。松の木を切ったときの、あの独特の芳香が全くしないのです!

材は軽く、大工さんは扱い易いんだろうけどね。「あかんなぁ~ こんなん、木ぃと違う…」
吉野は下市町の大工さん。生まれた時から気に慣れ親しんだ棟梁です。
「まぁ、しゃぁないわなぁ。自分ら、見立ても出来んやろうしなぁ~」と笑われました。

独立から3年ほどかな?人工乾燥の過程を見に、とある製材業者さんを訪ねました。
東吉野です。吉野桧の最高峰とも言われる、俗に「小川の桧」と呼ぶもの。
そこには大きな「窯」が座っていて、機械の下からは水のようなものが流れてきます。

「それ、桧から出た水ですねん。えぇ匂いしまっしゃろ!虫刺されに効きますでぇ~♪」
その水には、うっすらと茶色い液体が浮いている。「これ、何ですのん?」
「あぁ、タールですわぁ。桧の、まあ油みたいなもんでんなぁ~ ベタベタしまっせ!」

・・・・・・へぇ~、そうなんだぁ~ (と、県民ショー調で…笑)


CRAFTの歴代の大工さん。先述の下市町、黒滝村、天川村などの方々。
みんな、口をそろえて言います。「人乾はアカン。サクいからなぁ。使う気にならん。」

「サクい」と言うのはこちらの方便かな…(汗笑) モロい、たやすく折れるという事。
スカスカしたような、粘りの無い、ざらついた様な… なんとなくそんなイメージですね。


たとえば… スライスした食パン。柔軟性があります。たわむけれど折れない。
では、これをカリカリに焼いてみましょう。ある一定のチカラをかければ折れますね。
少し縮みましたね。中の水分はほとんどなくなり、空気の層がたくさんできます。

これを木材と同じ、と言うのは妥当ではありませんが、イメージ的にはそういう事。
強制的に、高温、短時間で乾燥させれば、細胞が壊れるほどの「過乾燥」となります。
同時に、木々独特の芳香を放つ「油分」も抜けていきます。だから切っても匂いがしない。

カラッカラに乾いてます。試験機によるデータでは、どれぐらいのチカラでどれだけ曲がるか。
そして、破壊されるまでどれぐらい耐えるかという事を測定します。ヤング係数ってヤツ。
その数値ギリギリまで耐えて… パキッと折れます。あっけないぐらいに。
実際、私も昨年までは、棟上げで「かけや」を振っていました。だから解るんです、モロさが。

グリーン材や自然乾燥材は粘ります。実際は、データ上の数値を超えても耐えます。
人工乾燥の方が数値が上ではあるのですが、あくまで「紙の上」でのこと。
あぁ、今はパソコンのモニター画面上のこと、ですね。。。(笑) 理論でしかないわけです。


では、なぜハウスメーカーや一般工務店は人工乾燥材を使うのか。

また長くなってしまいました…(汗) 次回に持ち越します…(笑)


【facebook】をされている方はこちらもどうぞ!
FBページ上部の「いいね」を押してください!
CRAFTのfacebookページ


s-091015-005.jpg
自然乾燥中の吉野桧の管柱

s-091015-004.jpg
吉野杉のタイコ弾き丸太(グリーン材)

s-091001_143348.jpg
チークやカリンの古材保管場

s-091015-003.jpg
カリンの古材の柱


スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

代表者プロフィール

理想建築工舎CRAFT:代表理事
Pocket Marche E.C:事務局長
Flourish Gardening:事務局長
CRAFT DESIGNS:Planner
Rabbit Garden:Manager

堤 義樹

Author:堤 義樹
【理想建築工舎CRAFT】は、プランニング&デザイニング、設計、をはじめ、建築に携わる全ての職種に於いての専門家で構成されたプロフェッショナル集団です。設備機器や輸入資材は原価を完全公開。もちろん材料の支給、セルフビルドもOKです。「木・石・鉄・ガラス」など世界各地のあらゆる自然素材を可能な限り取り入れ、太陽や風などを積極的に活用し、自然と共生する住宅を提案し、施工いたします。

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

家創りのアドバイス (30)
住宅業界の裏話 (14)
バウビオロギーについて (3)
勉強部屋(豆知識) (25)
Web内覧会(施工例) (5)
現場の風景 (30)
内覧会のお知らせ (19)
プランニング (2)
ガーデニング (12)
偉大なる建築物たち (12)
災害復興支援活動 (14)
近況報告 (21)
徒然な話 (61)
未分類 (3)

最新記事

カレンダー

05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。