FC2ブログ

2015-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建物も「頭と足」が大切なのです!

曇り空で蒸し暑い… 人間にとっては、最も不快指数の高いお天気ですね…(+_+)
もっとも、これも「四季」のある日本ならではの物。風情と受け取りましょうか。。。


台風の被害。各地で見られたようですが、私の住まう奈良盆地は災害が少ない地域。
四方を山に囲まれているので雨風の影響を受けにくい。津波の心配は無いですし。。。
ただ、風が吹かないので湿度は高め。冬場の冷え込みは厳しいという気候です。
それでも比較的に住みやすい。やはり「都」が栄えた土地なんだなぁ、と思います。



さて、その雨。建物として一番気になるのは「雨漏り」ですね…(+_+)

先日、8年前に雨漏りの点検を依頼された方から「ひどくなってきた」とのご連絡が。
その折には、費用の関係もあって簡単な補修で様子を見ることにしました。
強い風が吹いたときにだけ漏るという事で、谷板部のシーリング充填としました。

住宅も、築後30年近くになれば、やはり経年劣化は起こります。特に屋根と外壁。
風雨にさらされ、紫外線を受ければ素材は痛みます。ひび割れ、表面の剥離など。
ガラスぐらいですね、ほとんど影響を受けないのは。近いものは釉薬の焼き物かな。

今回の点検で、雨漏れの箇所は特定できました。大屋根に差す入母屋の棟の取り合い。
入母屋は和風住宅ならではのディテールですが、その屋根形状は複雑です。
特に取り合い部は高度な技術で施工されますが、それでも素材の劣化は不回避です。


私の質問は「あと何年住みますか?引っ越しの予定は?」というもの。
その計画により、どの程度の予算で施工すべきかを判断するためです。

今回の依頼者様は「ずっと住むつもりです」と。了解!では完璧を目指しましょう!
原因と思われる棟瓦3カ所を積み替え、銅版の谷板をステンレスに入れ替えます。
全ての面土の漆喰は塗り替え。必要のある部分は取り除いて入れ替えます。

実は、30年ほど昔の「いぶし瓦」を焼く時にに使われていた薬品。これがやっかい者。
雨で融けだして銅版に穴を開けます。今回はひどくは無かったけれど、変色はありました。
施工は来月となりますが、これで安心して末永くお住い出来るでしょう。。。(^^)


表題の「頭と足」。はい屋根と基礎ですね。屋根組材や土台、大引きも含めて。
壁からの雨水の進入は、そんなに多くはありません。小さなクラックなら大丈夫。
簡易的なシーリングでの補修でも、充分な効果はあります。見栄えは良くないけれど。

屋根はダイレクトにダメージを与えます。あと「破風」という部分。これも危険個所。
室内に漏れた跡が無くても、梁や胴差を伝って壁内に侵入することの方が多いのです。
この場合は、かなり年月が経って、どうしようもない状況になってから気づくわけで…
当然に費用はかさみます。なるべく早い時期に対応することが費用削減にもなります。



写真は当社の施行例です。もちろん雨漏りはしてりませんよ!(^^;)

赤丸の付いているような場所が危険な部分。屋根同士の取り合い、壁との取り合いなど。
なにぶん高い位置ですので、道路や窓から見ても判りにくい部分です。
一般の方が屋根に上るのは非常に危険!あ、今回の依頼者様は登って来られました…(・_・;)


CRAFTでは、外壁や屋根の簡易的な診断を無料で行っています。目視点検ですね。

訪問販売業者さんは「これはダメですねぇ~!ヤバイですよ~!」と、必ず言います!(^^;)
私共は以前より「耐震診断」「手抜き工事の相談」などを無償で行ってきました。
昨年に非営利団体となり、よりいっそうこの分野の充実を目指します!お気軽にどうぞ。。。
他にも、住宅関連のご相談、随時に承ります!(080-5364-2345:堤)

あ… 県外の場合、交通費だけお願いします…(^^;)


「足」については… そうですね、また別の機会に語りますね。。。(^^)


s-s-130222_134546.jpg
【勢野の町屋】 生駒郡三郷町 2012年



スポンサーサイト

17年前の想いは変わらず。。。



5月に開催した南八木町の完成現場内覧会。報告がまだでしたね…(^^;)

事務所と倉庫の移転に加え、プライベートでもバタバタ… 今月末までは慌ただしい…
それでも、ようやく落ち着いてキーボードを叩く時間ができるようになりました。。。


さて、その見学会ですが、連日とも休む間もないほどで… 過去最高?
驚くほど多くのご来場者様を迎えることができました!感謝いたします。。。

画像はほんの少しだけ。開場前の、誰もいない朝の風景。ちょっと暗いですね…(+_+)
御来場者様の写真は、残念ながら「個人情報保護」の観点からも載せれませんので。。。



s-140225_234844_000.jpg

s-140225_235107_000.jpg

s-140225_235240_000.jpg



実はその折に、CRAFTとしては10年ぶり以上?の折込広告を配布しました。

天理市への移転も決まり、一つの「節目」かな?そんな想い。
そして、何となく「初心」を振り帰ってみたくなって。。。

広告の裏面の文章は、初めて折込をした時の物、ほとんどそのままなんです。
1998年ですから… 17年前の言葉、ですね。懐かしい。。。(^^)
創立時から、CRAFTの「家創り」は全く変わっていないということの証しですね。



折込をご覧になられていない皆様に、そんな「想い」を伝えます。
以下は、その文面の転記です。ま、ちょっと恥ずかしい文章ですが…(^^;)



************************************************

贅沢に慣れてしまった現代社会では、住宅に高性能を求めることは
当たり前かもしれません。けれども昔ながらの居心地のよさも捨て
がたい… 私たちは「家は買うものではなく創るもの」と思ってお
られる方のための「本当の家創り」を実践しています。

あなたにとって「家」とは何ですか?生活するだけの箱?財産?
プライドや世間体?それとも… 私たちは「家」を「住まう人」
の夢の集大成と考えます。無駄なお金をつぎ込むのではなく、必
要なものを一つずつ積み上げてこそ、本当の「あなたの家」にな
る。そう信じています。

「施主こそが『建築家』である」と。そして「家」というものはただ
住むための箱(HOUSE)ではなく、生活を営み,家族を育み、未来へと
育っていく空間(HOME)であるべきだと考えています。プラン作成・
仕様提案・工事管理を一貫して行うからこそ出来る家創り。クライア
ントと【CRAFT】が一緒に創る本当のMy"HOME"が、貴方の
夢を実現するための数少ない場がここにあります。

大正時代の建物の「凛」とした空気。ひなびた"茶室”の心地よさ。
囲炉裏端の何ともいえない雰囲気。日本だけではありません。南欧
や英国の建物にも同様に。そこに有るのは「木」の香りや優しさと
「土・石」の放つ静けさ…  現代の住宅に求められる充分な性能と
良き時代の安らぎを、クライアントの要望に応え得る高次元で融合
させる。そんな「これからのロハススタイル」を提案いたします。

************************************************



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

代表者プロフィール

理想建築工舎CRAFT:代表理事
Pocket Marche E.C:事務局長
Flourish Gardening:事務局長
CRAFT DESIGNS:Planner
Rabbit Garden:Manager

堤 義樹

Author:堤 義樹
【理想建築工舎CRAFT】は、プランニング&デザイニング、設計、をはじめ、建築に携わる全ての職種に於いての専門家で構成されたプロフェッショナル集団です。設備機器や輸入資材は原価を完全公開。もちろん材料の支給、セルフビルドもOKです。「木・石・鉄・ガラス」など世界各地のあらゆる自然素材を可能な限り取り入れ、太陽や風などを積極的に活用し、自然と共生する住宅を提案し、施工いたします。

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

家創りのアドバイス (30)
住宅業界の裏話 (14)
バウビオロギーについて (3)
勉強部屋(豆知識) (25)
Web内覧会(施工例) (5)
現場の風景 (30)
内覧会のお知らせ (19)
プランニング (2)
ガーデニング (12)
偉大なる建築物たち (12)
災害復興支援活動 (14)
近況報告 (21)
徒然な話 (61)
未分類 (3)

最新記事

カレンダー

06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

月別アーカイブ

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。